慶應SFC、高校生対象「SFC未来構想キャンプ」8/1

教育・受験 学校・塾・予備校

SFC未来構想キャンプ
  • SFC未来構想キャンプ
  • 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)
 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)は、8月1日に開催する高校生を対象にした「SFC未来構想キャンプ」の参加者を募集している。

 「未来構想キャンプ」は、SFCオープンキャンパスの翌日に実施する高校1年生から3年生を対象としたワークショップイベント。現場で自分たちの能力や経験を活かし、創意工夫を行動に結びつけること求められる5つのプログラムを通じて、SFCのものの見方・考え方に触れることができるという。

 ワークショップは、触感に注目したモノづくりを行う「ファブ・テクタイル・ワークショップ」、約1分の映画を制作する「映像表現ワークショップ」、未来のインターネットデバイスを制作する「Future internetワークショップ」、地域の問題の解決策を提言する「社会イノベーション・ワークショップ」、新しい外国語学習環境を設計する「外国語学習環境デザイン・ワークショップ」の5つのプログラムが予定されている。

 定員はそれぞれ15〜20名程度となり、それぞれのワークショップごとに設けられたエントリー課題を添えて応募する必要がある。申し込み締め切りは6月25日(月)。申し込み者多数の場合は、選考により参加者が決定される。

◆未来構想キャンプ
対象:高校生
日程:8月1日(水)9:00〜17:30
会場:慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)
参加費:無料
【ワークショッププログラム】
・WS01:ファブ・テクタイル・ワークショップ:近未来のものづくり
 担当者:田中浩也(環境情報学部)、筧康明(環境情報学部)
 定員:20名程度
・WS02:映像表現ワークショップ(リュミエールXメリエス)
 担当者:藤田修平(環境情報学部)、水野大二郎(環境情報学部)、加藤文俊(環境情報学部)
 定員:15名程度
・WS03:Future internet(未来のインターネット)ワークショップ
 担当者:三次仁(環境情報学部)、中澤仁(環境情報学部)
 定員:20名程度
・WS04:社会イノベーション・ワークショップ
 担当者:飯盛義徳(総合政策学部)、一ノ瀬友博(環境情報学部)、中島直人(環境情報学部)、秋山美紀(環境情報学部)、井口知栄(総合政策学部)
 定員:20名程度
・WS05:外国語学習環境デザイン・ワークショップ ― 新しい外国語学習環境を一緒に創ろう
 担当者:國枝 孝弘(総合政策学部)、野村 亨(総合政策学部)、李 洪千(総合政策学部)、倉林 修一(環境情報学部)
 定員:20名程度
《田崎 恭子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)