先端技術館@TEPIA、小学生対象の「夏休み!実験教室」7/25・8/8

 先端技術と人間生活や社会の進歩をわかりやすく紹介する、体験型展示施設の「先端技術館@TEPIA」では、小学生を対象とした「夏休み!実験教室」を7月25日と8月8日に開催する。

教育・受験 その他
夏休み!実験教室
  • 夏休み!実験教室
  • 夏休み!実験教室
 先端技術と人間生活や社会の進歩をわかりやすく紹介する、体験型展示施設の「先端技術館@TEPIA」では、小学生を対象とした「夏休み!実験教室」を7月25日と8月8日に開催する。

 同施設は、一般財団法人高度技術社会推進協会が、機械・情報産業の技術的成果を広く周知し体験してもらうことを目的に、1976年に港区北青山に設立したもの。毎年テーマを決めて、最先端の技術展示を行っており、今年度は次世代の環境・エネルギー社会システム「スマートコミュニティ」と題したテーマ展示、および「人とクルマと都市の未来《SMART MOBILITY CITY》」と題した本展示を行っている。

 毎年夏休み時期に開催する特別イベントとして、今年はまず7月25日に、工作教室「身近なものでロボットを作ろう!」を実施予定。いろいろなロボットの種類と用途を紹介したあと、模型モーターと紙コップなどを使ってダンスロボットの工作をする。ダンスロボットは、ゼムクリップを使ったコントローラーで、前進、Uターン、回転をすることができる。

 8月8日には、さまざまなものの表面に色や図表をつけることができる印刷について、ルーペを使った観察や色粘土を使った混色実験で体験する。また、人間の目が色を感じるしくみや、意外なところの使われている印刷など、色と印刷の話を聞くこともできる。

 このほか、夏休み期間中(7月24日〜8月26日の期間中の開館日)は、おもちゃのロボットが大集合する「トイ・ロボットふれあい広場」や、展示場の展示物についてクイズ形式で学ぶ「わくわくワークシート」に挑戦することもできる。

 「夏休み!実験教室」の申込みはFAX、メールまたはハガキで受け付けている。入場および実験教室の参加費は無料。

◆夏休み!実験教室
開催日:7月25日(水)、8月8日(水)
場所:「先端技術館@TEPIA」内テクノスタジオ(東京都港区北青山2-8-44)
対象:小学3年〜6年生
定員:各回18名
申込方法:FAX、メール、ハガキ
締切:7月18日(水)17時
参加費:無料
[内容]
・7月25日 身近なものでロボットを作ろう!
 時間:10:30〜12:30、14:00〜16:00
・8月8日 色の不思議〜印刷の色表現のしくみを体験しよう!
 時間:10:30〜11:30、13:30〜14:30、15:30〜16:30
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)