内閣府、家族や地域の大切さに関する写真や手紙・メールを募集

生活・健康 その他

家族や地域の大切さに関する写真や手紙・メールを募集
  • 家族や地域の大切さに関する写真や手紙・メールを募集
 内閣府は7月1日から9月7日まで、家族や地域の大切さに関する作品を募集する。写真部門と手紙・メール部門の2つの部門があり、優秀作品については、内閣府特命担当大臣の表彰を実施する。

 「家族の日」(11月の第3日曜日)や「家族の週間」(家族の日の前後1週間)を通じて、家族や地域の大切さについての理解促進を図るための一環で、家族や地域の大切さに関する写真や手紙・メールを公募し、優秀な作品を表彰している。

 写真部門のテーマは、「子育て家族の力」と「子育てを支援する地域の力」。応募資格は、プロカメラマンを除く小学生以上の者。作品は、郵送、電子メール、またはPCサイトにて応募する。審査員は、戦場カメラマンの渡辺陽一氏。

 手紙・メール部門のテーマは、「子育てを家族みんなで支えあうことの大切さ、感謝などの思いを伝えるもの、または子育てを社会も応援していくことの大切さを訴えるもの」。応募は、「小学生の部」「中・高校生の部」「一般の部」の3つ区分に分かれている。作品は、200~400文字程度で、郵送、電子メール、またはPCサイトにて応募する。

◆応募要項
募集期間:7月1日(日)~9月7日(金)

(写真部門)
テーマ:「子育て家族の力」と「子育てを支援する地域の力」
応募資格:プロカメラマンを除く小学生以上の者
応募要領:必要事項を明記の上、郵送、電子メール、またはPCサイトにて応募する。
※作品は未発表、オリジナルのものに限る。
※2人以上を撮影した写真で応募のこと。
※応募は一人1点。
※携帯電話での画像添付による電子メールでの応募も可能。

(手紙・メール部門)
テーマ:「子育てを家族みんなで支えあうことの大切さ、感謝などの思いを伝えるもの、または子育てを社会も応援していくことの大切さを訴えるもの」
応募区分:「小学生の部」「中・高校生の部」「一般の部」
応募要領:必要事項を明記のうえ、200~400文字程度で、郵送、電子メール、またはPCサイトにて応募する。
※作品は未発表、オリジナルのものに限る。
※携帯電話による電子メールでの応募も可能。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)