銀座に沖縄「美ら海」の魚たちが登場…7/16より「45th Sony Aquarium」開催

趣味・娯楽 その他

45th Sony Aquarium
  • 45th Sony Aquarium
  • 「沖縄美ら海水族館 出張授業」のスケジュール
 ソニービルは、7月16日から9月9日まで、「45th Sony Aquarium」を開催する。東京・銀座ソニービル屋外のイベントスペース「ソニースクエア」に設置された14トンの大型水槽では、沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館からやってきた鮮やかな魚たちが泳ぎ回る。入場無料。

 同イベントは、1966年のソニービル開業以来開催しており、今年で45回目を迎える。節電への取組みとして、ソニービル壁面に設置した147枚の太陽電池で発電した電気を蓄電池に貯めたり、夜間の電力を蓄電池に貯めて昼間に使ったりしている。

 1階の屋外大型水槽では、サメやウツボ、ウミガメが登場。水槽の裏側から見ると魚たちがまるで銀座の街中を泳いでいるかのように見える。また、エントランスホールの熱帯魚水槽では、タツノオトシゴやチョウチョウウオなど屋外の大型水槽とは違う生き物たちが楽しめる。

 8階OPUS(オーパス)ホールの幅13mのマルチシアターでは、全長8.5mのジンベエザメが泳ぎ回る様子が高画質・高精細映像で映し出される。沖縄美ら海水族館の「黒潮の海」大水槽で泳ぐ生き物たちの生態が実物さながらに楽しめる。

 ソニーショールームでは、フィッシュ博士の「美ら海生き物研究所」が開設され、沖縄「美ら海」の生き物たちの出産の秘密や子育ての知恵など、知られざる不思議を楽しみながら学ぶことができる。

 無料の体験プログラムとして、7月21日から8月26日まで「沖縄美ら海水族館 出張授業」を計12回予定している。募集人数は、各回先着25組(1組4名まで、20歳以上の保護者を含む)。対象は、5歳~小学生以下の親子。参加には、事前申し込みが必要。

 また、ソニービル館内では、沖縄食材を使った限定メニューが味わえるほか、沖縄物産を買うことができる。

◆45th Sony Aquarium
期間:7月16日(月・祝)~9月9日(日)
時間:11:00~19:00
会場:東京・銀座 ソニービル
   東京都中央区銀座5-3-1
参加費:入場・体験無料

※お詫びと訂正:初出時、開催期間に誤りがございました。正しくは、7月16日~9月9日です。お詫びして訂正いたします。
《大浦 あけみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)