「小学生が喜ぶ、朝ごはんレシピ」夏休み全42日分をWebサイトにて公開

生活・健康

おはようチャレンジ習慣
  • おはようチャレンジ習慣
  • 朝ごはんレシピ集
  • 夏休みの宿題以外の学習時間
  • 夏休みの過ごし方
  • 夏休みの充実度
 ベネッセコーポレーションの進研ゼミ小学講座は、クスパ監修のもと「小学生が喜ぶ、42日分の朝ごはんレシピ」をWebサイトにて公開する。夏休みのカギは、朝ごはん。暑く食が進まない季節でもあり、メニューがマンネリしやすい夏休みの親子を、朝ごはんづくりから応援する。

 2009年に、ベネッセ教育研究開発センターが、小学生を持つ母親を対象に「小学生の夏休み調査」を実施した結果、毎日朝ごはんを食べた子どもは、よく学び、よく遊び、充実した夏休みを過ごした。朝ごはんが子どもの夏休みの充実度を左右する。

 「毎日朝ごはんを食べた」子どもの方が、「朝ごはんを食べない日もあった」子どもと比べると、夏休みの学習時間(宿題や塾の時間を除く)は、1日あたり10分以上多い。また、夏休みに屋外で身体を動かすことができたのは、9.1ポイント高く、子どもの夏休みは充実していたのは、20ポイント高い。

 1日のスタートの朝ごはんは大変重要。毎日忙しい保護者の朝ごはんづくりを応援するため、子どもが喜んで食べるために、管理栄養士の長有里子先生と一緒に、栄養学の観点からも配慮されたレシピを開発。「シャキッと目覚める」「暑さに負けない」「集中力アップ」「頭のよくなる!?」「元気いっぱい」子どものことを考えたレシピ。「朝ごはんは、いつも同じメニューばかり」「栄養のことまで気を使うのが大変」というお悩みの方には、もってこいのサイトだ。
《大浦 あけみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)