Top3は不動の人気…大学ブランドランキング2012発表

教育・受験 学校・塾・予備校

志願したい大学ランキング(関東)
  • 志願したい大学ランキング(関東)
  • 志願したい大学ランキング(東海)
  • 志願したい大学ランキング(関西)
  • 3つのエリアの国公立・私立志向の動向
 リクルート進学総研は7月24日、大学ブランドランキング2012を発表した。関東エリアでは、志願したい大学1位「明治大学」、2位は「早稲田大学」、3位は「日本大学」という結果だった。明治大学は4年連続1位。上位3位にランクインした学校は、2010年より不動の人気だ。

 同社は、高校生の大学選びの動向を明らかにするため、2008年から進学ブランド力調査を実施している。関東エリア、東海エリア、関西エリアの高校に通っている2013年3月卒業予定の会員計12,146名を対象に、2012年4月に大学の志願度や知名度、イメージを調査した。

 東海エリアでは、志願したい大学1位「名古屋大学」、2位「名城大学」、3位は「南山大学」で、上位3位は2010年より不動のランクイン。昨年、エリア外の大学2校が上位20位にランクインしていたが、今年はすべて地元の大学が占めた。また、2008年と比較すると、ランクインしている国立大学9校すべての順位が上がっていた。国公立志向・地元志向が強まっている傾向が伺える。

 関西エリアでは、志願したい大学1位「関西大学」、2位「近畿大学」、3位「神戸大学」で、上位3位は2010年より不動のランクイン。1位「関西大学」、2位「近畿大学」は5年間連続の人気だ。2008年と比較すると、国公立大学8校中6校が順位を上げ、残り2校は不動。国公立志向が強まっている。

 3つのエリアの国公立・私立志向の動向について、関東では、私立志向が5年連続過半数を占めており、私立志向の傾向が強い。東海では、国公立志向がもっとも高く、5年間を通じて伸び続けている。関西では、2010年までは私立志向が高かったが、2011年に逆転するという結果がみられた。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)