日中100大学が参加…産学官で考える世界のエネルギー問題

教育・受験 その他

前回、パネルディスカッションの模様
  • 前回、パネルディスカッションの模様
  • 前回、開会式の模様
  • 前回、特別講演の模様
  • 前回、先端技術展示の模様
  • 前回、先端技術展示の模様
  • 前回、大学展示風景
  • 前回、大学展示風景
  • 前回、大学展示風景
日中の大学を中心に企業、研究機関などの関係者が集い交流を深める「第3回日中大学フェア&フォーラム」が、9月27日・28日に東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開催される。

27日の「フォーラム」では、日中の産学官のリーダーたちが、「日中国交正常化40周年記念講演」と題して、日中協力のこれまでの歩みを振り返るとともに、今後の展望について講演する。

また、パネルディスカッションでは、立命館大学総長、神戸大学学長に加え、中国科学技術大学の学長を迎え、日中大学間の教育協力の拡充に向けた議論を展開するほか、環境・エネルギー分野に焦点を当て、「産学官で考える世界のエネルギー問題」をテーマとしたパネルディスカッションも実施する。

日本側のパネリストとして、プリウスや燃料電池の開発を指揮したトヨタ自動車技監の渡邉浩之氏と、先進エネルギーシステム研究の第一人者である東京工業大学教授の柏木孝夫氏、日本エネルギー経済研究所理事の山下ゆかり氏が参加する。

「フェア」では、27日・28日の2日間、日本と中国を代表する100校を超える大学が一堂に会し、日中大学間協力の先進事例や最新の研究成果を展示、紹介する。

入場は無料。

産学官で考える世界のエネルギー問題

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)