総務省調査、青少年のインターネットリテラシーは67点

リサーチ 教育

テスト結果の全般的評価
  • テスト結果の全般的評価
  • 人口区分による比較
  • 男女による比較
  • インターネット・リテラシー指標(ILAS)で必要とされる能力
 総務省は10日、青少年のインターネット・リテラシーに関する実態調査の結果を公表した。あわせて「青少年がインターネットを安全に安心して活用するためのリテラシー指標(ILAS)」として取りまとめた。

 総務省では昨年度、今後のインターネット・リテラシー向上施策を効果的に進めていくために、「青少年のインターネット・リテラシー」を可視化するテスト等を開発。今年度そのテストを、全国の高等学校1年生相当(約2500名)に対し、アンケートと共に実施した。その結果、青少年全体の総合平均点は100点満点換算で「約67点」と算出された。

 また協力校所在地を、人口に基づき3つに区分して、各区分に所属する青少年のリテラシーを比較・分析したところ、都市部(人口50万人以上)に所属する青少年のリテラシーが相対的に高いことも明らかになった。一方で、男女別で比較・分析したところ、いずれの能力においても大きな差はないことも判明した。

 「青少年がインターネットを安全に安心して活用するためのリテラシー指標」(ILAS:Internet Literacy Assessment indicator for Students)は、特に、インターネット上の危険・脅威への対応能力やモラルに配慮しつつ、的確な情報を判断するために必要な能力を、3つの大分類、7つの中分類に整理し、テストで各能力を可視化したものとなる。今後は、OECD(経済協力開発機構)などの場において、国内外で周知を図っていく予定。

青少年のインターネット・リテラシーは「約67点」、総務省が試算……指標「ILAS」を公表へ

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)