シンポジウム「研究に着目した日本の大学ベンチマークと今後の大学のあり方について」10/1

 政策研究大学院大学と文部科学省科学技術政策研究所主催により「研究に着目した日本の大学ベンチマークと今後の大学のあり方について」と題したシンポジウムが10月1日開催される。参加費は無料で事前申込みが必要。

教育・受験 学校・塾・予備校
シンポジウムの概要
  • シンポジウムの概要
  • シンポジウムのプログラム
 政策研究大学院大学と文部科学省科学技術政策研究所の主催により「研究に着目した日本の大学ベンチマークと今後の大学のあり方について」と題したシンポジウムが10月1日開催される。参加費は無料で事前申込みが必要。

 近年、社会情勢など急速な環境の変化へ適切に対応するため、大学にとって継続的な改革が必要となっている。適切な改革を行うには、大学が自らのさまざまな活動を正確に把握するだけでなく、他大学との比較を通した強み・弱みを評価・分析し、戦略を立てることが重要であるという。

 同シンポジウムでは、大学の研究活動に焦点を置き、同研究所の大学ベンチマークの調査分析が果たす役割について、大学、学協会、研究助成機関、産業界等の代表者が議論する。

◆シンポジウム「研究に着目した日本の大学ベンチマークと今後の大学のあり方について」
日時:2012年10月1日(月)14:00~17:10
会場:政策研究大学院大学(想海樓ホール1階 東京都港区六本木7-22-1)
参加費:無料
申込方法:申込Webフォームにて事前参加登録を行う。
《工藤めぐみ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top