【e絵本】小学校受験の肩ならしに「お受験パパのおはなしドリル」

 今回は小学校受験用の練習アプリをご紹介。「お受験パパのおはなしドリル」、iPhone/iPad対応。600円でトライオンより配信中。スタート画面の「はじめる」ボタンを押すと、問題を選ぶ画面が登場。

教育ICT ソフト・アプリ
お受験パパのおはなしドリル
  • お受験パパのおはなしドリル
  • お受験パパのおはなしドリル
  • お受験パパのおはなしドリル
  • お受験パパのおはなしドリル
  • お受験パパのおはなしドリル
  • お受験パパのおはなしドリル
  • お受験パパのおはなしドリル
  • お受験パパのおはなしドリル
 まあ、あまり参考にならない話かもしれないが、筆者は小学生のころに“中学受験”なるものをしたクチである。結果は惨敗…って、この連載を読んでくださっている方にはのっけから縁起でもない感じで、誠に申し訳ない。

 気分を変えて、こちらは小学校受験用の練習アプリをご紹介。「お受験パパのおはなしドリル」、iPhone/iPad対応。600円でトライオンより配信中。

 スタート画面の「はじめる」ボタンを押すと、問題を選ぶ画面が登場。はじめは「おためし」のコーナーに入って、わが子と一緒に肩ならしをしてみよう。

 子どものドリルだとあなどったら、大間違い! これが結構難しいのである。筆者はこの記事を書くにあたり、移動中にひとりで「かおりちゃんとうんどうかい」をやってみたのだが、恥ずかしながら全問不正解……。音声だけで語られるストーリーに集中して、誰が何をしたか、メンバーはみんなで何人いるかをしっかりイメージしていないと、後で繰り出される質問に答えられないのである。

 車両内の雑音に気をとられた自分を戒め、「ちびっこたちは大変だなあ~」と思う始末。ちなみに「おためし」コーナーではほかに、「ゆうえんちへのえんそく」や「こどくなまじょ」など、5つのお話を試すことができ、それぞれ後で3つの質問がある。有料でコンテンツの追加も可能だ。小学校受験を控えたお子さんをお持ちのパパ、ママ! このアプリで、早いうちからそれとなく問題に触れさせておけば、子どもたちの頭のモード切替えもスムーズにできるのではないでしょうか?

 さて、冒頭の話に戻るわけで…。個人塾にも通わせてもらい、自分なりにナリフリ構わず勉強したものの、失敗に終わった筆者の中学受験。けれど、あの時の経験は直近の未来にもそして今にも、まあまあいい影響として現れてきたように思っている(じゃないと、あの頑張りも浮かばれないしね!)。

 その後入学した公立中学では、それまで煩雑な問題のいろいろに頭をひねっていたおかげで、以降の勉学がトントンとスムーズに。そして今でもこれは恩恵だなと感じるのは、人一倍の粘り強さだ。立ちはだかる壁に、とにかく私、めげませんよ~ってね。いやまあ、小学校と中学校じゃ、また違うんだろうけれども。

 何はともあれ、頑張ったことは、無駄にはならないってこと。頑張れちびっこ、頑張れパパ・ママ!
《てらしまちはる》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)