ソフトバンク、スマホの2012-13年冬春モデル6種類を発表

デジタル生活 モバイル

シャープ製の4.9型液晶「AQUOS PHONE Xx(ダブルエックス) 203SH」
  • シャープ製の4.9型液晶「AQUOS PHONE Xx(ダブルエックス) 203SH」
  • 富士通モバイルコミュニケーションズ製の4.7型液晶「ARROWS A(エース) 201F」
  • Huawei製の4.3型液晶「STREAM 201HW」
  • Motorola製の4.3型液晶「RAZR(レーザー) M 201M」
  • 京セラ製の3.7型液晶「HONEY BEE 201K」
  • シャープ製の4.5型液晶「PANTONE 6 200SH」
  • 「PANTONE 6 200SH」の25色バリエーション
 ソフトバンクモバイルは9日、2012-13年冬春モデルのスマートフォンを6機種発表した。

 6機種のラインアップと販売開始時期は、シャープ製の4.9型液晶「AQUOS PHONE Xx(ダブルエックス) 203SH」が2013年3月上旬以降、富士通モバイルコミュニケーションズ製の4.7型液晶「ARROWS A(エース) 201F」が13年2月上旬以降、Huawei製の4.3型液晶「STREAM 201HW」が10月10日。

 Motorola製の4.3型有機EL「RAZR(レーザー) M 201M」が10月下旬以降、京セラ製の3.7型液晶「HONEY BEE 201K」が13年1月下旬以降。シャープ製の4.5型液晶「PANTONE 6 200SH」が12月下旬以降。

 全6機種はすべて「SoftBank 4G」に対応し、下り最大76Mbpsの高速データ通信が可能。OSはAndroid 4.1を搭載。テザリングにも対応し、12月15日からテザリングサービスを開始する予定となっている。

 「AQUOS PHONE Xx 203SH」は、トリプル手ぶれ補正による1,630万画素カメラを搭載。「ARROWS A 201F」は国内最大クラスの大容量2,420mAhバッテリを採用。「STREAM 201HW」はカメラ起動1秒の高速起動に対応する。

 「RAZR M 201M」はGoogleがモトローラを買収してから初のモトローラ製スマートフォンで、ソフトバンクのスマートフォンでは最小クラス。「HONEY BEE 201K」は女子高生をはじめ若い女性向けをうたい、「PANTONE 6 200SH」は25色のバリエーションが世界最多としている。

【ソフトバンク冬春】全機種が「SoftBank 4G」・テザリング対応!

《加藤@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)