大阪府立学校の校長公募に25名が合格

教育・受験 その他

府立学校選考状況
  • 府立学校選考状況
  • 府内公立小学校選考状況
 大阪府教育委員会は10月9日、府立学校および府内公立小学校の校長公募の最終合格者が確定したと発表した。府立学校は25名、府内公立小学校は2名が合格した。今後、諸手続きを経て採用予定者を決定するという。

 2012年3月に成立した条例で、府立学校の校長は、公募とすることが規定された。府立学校は、募集人数20名程度のところ、298名が応募し、25名が最終合格した。このうち、2013年度当初に校長に採用する任期付校長は9名(民間人4名、退職校長等3名、教頭2名)、任期を付さない校長は16名となっている。

 府内公立小学校の校長は、門真市が募集人数2名のところ、22名が応募し、2名が最終合格した。また、和泉市が募集人数1名のところ、12名が応募したが、合格該当者はいなかった。追加募集はない。

 なお、大阪市では、小中学校長を転職サイトで50人公募するという試みが行われ、769人が応募したという。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)