札幌市、子どもたち対象のカフェ形式意見交換会

 「子どもまちづくりミーティング」が11月17日、札幌市で開かれる。同イベントは、札幌市内に住んでいる小学5年生から高校3年生を対象対象とした意見交換会。カフェ形式の意見交換を通して子どもたちが街の未来や将来の夢などについて語り合うという。

生活・健康 その他
子どもまちづくりミーティング
  • 子どもまちづくりミーティング
  • イベントの主な内容
 「子どもまちづくりミーティング」が11月17日、札幌市で開かれる。同イベントは、札幌市内に住んでいる(または札幌市内の学校に通っている)小学5年生から高校3年生を対象対象とした意見交換会。カフェ形式の意見交換を通して子どもたちが街の未来や将来の夢などについて語り合うという。

 札幌市は2008年、「子どもの権利条例(子どもの最善の利益を実現するための権利条例)」を制定。毎年11月20日を「さっぽろ子どもの権利の日」とし、さまざまな取り組みを行っている。

 意見交換会は、「さっぽろの理想の未来」をテーマに10人ほどのグループに分かれて展開される。テーブルを囲んでお菓子や飲み物などを飲食しながら、「札幌の好きなところ」「自分が大人になった時こんな街になっていてほしい」「将来の自分の夢」などについて語り合う。1回のテーマにつき30分程度の話し合いを行い、それを3~4回繰り返すという。

 このほか、札幌出身のステージパフォーマー、加賀城匡貴氏によるトークショーも開催。自身の経験や「脳トレ」について話をする。また、スポーツ選手など、札幌にゆかりのある有名人による応援メッセージの放映や、子どもの権利啓発作品の展示や表彰式も予定されている。

 入場無料。参加希望者は、財団法人札幌市青少年女性活動協会(子どもの権利の日記念イベント担当)に11月9日まで、電話またはファクス、Eメールで申し込む。定員は200人(応募者多数の場合は抽選)。

◆子どもまちづくりミーティング
日時: 2012年11月17日(土)10:00~16:30(受付9:30)
会場: 札幌エルプラザ内「男女共同参画センター」ホールほか(札幌市北区北8条西3丁目)
参加費:無料
対象: 札幌市内に住んでいる(または札幌市内の学校に通っている)小学5年生~高校3年生
定員:200人(応募者多数の場合は抽選)
申込締切:11月9日
申込方法:財団法人札幌市青少年女性活動協会(子どもの権利の日記念イベント担当)が電話、ファクス、Eメールにて受け付けている。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)