伊藤忠のお菓子調査、こたつに入って食べたいスイーツは和菓子

 伊藤忠商事は、ユニー、サークルKサンクス、ファミリーマートと共同で企画する“からだスマイルプロジェクト”より、『和みのアイス』を発売するのに合わせ、「和菓子・洋菓子に関する意識調査」を実施した。

生活・健康
和菓子・洋菓子に関する意識調査
  • 和菓子・洋菓子に関する意識調査
  • 和菓子・洋菓子に関する意識調査
  • 和みのアイス 黒蜜きな粉
  • 和みのアイス 抹茶あずき
 伊藤忠商事は、ユニー、サークルKサンクス、ファミリーマートと共同で企画する“からだスマイルプロジェクト”より、『和みのアイス』を発売するのに合わせ、「和菓子・洋菓子に関する意識調査」を実施した。これから寒くなる季節、スイーツの食し方に対する様々な回答が得られた。

 からだスマイルプロジェクトは30日に、和菓子をギュっと凍らせたようなアイス、和菓子を極めた「和みのアイス」を発売する。発売にともない20代から60代の男女計100名を対象に「和菓子・洋菓子に関する意識調査」を実施した。

 秋冬の寒い時期に食べるアイスは誰と食べたいか質問したところ、36%が「家族」と回答。次いで、「パートナー」が22%、「友人」は3%になり、寒い時期のアイスは誰かと一緒に食べたいとする回答が6割以上になった。

 また、秋冬から家庭に取り入れられる、こたつに入って食べたいスイーツは和菓子か洋菓子か質問したところ、約7割が「和菓子」と回答した。

和菓子・洋菓子に関する意識調査
●調査期間:10月23日(火)〜24日(水)
●調査対象
20代男女:20名
30代男女:20名
40代男女:20名
50代男女:20名
60代:男女20名
●調査方法:インターネット調査

寒い季節は誰かとこたつでアイス……伊藤忠調査

《高木啓@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)