米大統領選挙…「Twitter選挙」と呼ばれる理由とは

デジタル生活 ソフト・アプリ

Twitterによる「The Twitter Political Index」
  • Twitterによる「The Twitter Political Index」
  • 「Political Engagement Map」
  • オバマ大統領のツイート
  • 中立性・公正性を検証する団体「FactCheck.org」のツイート
  • 大統領選に関係する主なアカウント
 本日6日は、アメリカ大統領選の投票日。近年の選挙では、ソーシャルネットが活用されることも多いが、Twitterによれば、今回の大統領選は「Twitter Election(Twitter選挙)」と呼ばれているという。同社では、その背景を分析している。

 それによると、2008年の大統領選挙時には合計約180万個のツイートがあったが、今年は、90分の討論に対し1,000万個のツイートが行われたという(政治だけでなく全ツイートのボリュームでは、2008年の合計ツイート量は、2012年の48時間内のツイート量とほぼ同じくらいとなっている)。

 大統領選のラストスパートが始まる8月と9月の民主党と共和党の党大会では、共和党をサポートする俳優クリント・イーストウッド氏の「Empty Chair(空の椅子)」スピーチに対するオバマ大統領のツイートが、55,000以上と、最も多くリツイートされた。

 また最も盛り上がりが大きかった討論会は、日本時間の10月3日にコロラド州で行われた第1回討論会だった。この討論時間内に約1000万ツイートがなされた。その後のすべての討論会でも、多数のツイートがなされ、10月22日にフロリダ州で行われた最後の討論会でも650万ツイートが起こっている。

 なおTwitterでは、ツイート数などの指標を用いて両候補を分析するページ「The Twitter Political Index」、候補者のツイートに対して各州がどのように反応しているかを見られるマップ「Political Engagement Map」なども公開している。また今回の選挙戦では、メッセージの効果をより高めるために、Twitter広告も利用されており、共和党のロムニー候補は、大統領選のためにプロモトレンドを利用している。

本日いよいよ米大統領選挙……今年は「Twitter選挙」?その背景を探る

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)