子どもやペットをスマホで見守り、観察・防犯用カメラ

デジタル生活 ソフト・アプリ

「TS-WLCAM」
  • 「TS-WLCAM」
  • 天吊り
  • 背面
  • 最大3箇所(黄、緑、赤の囲み)まで事前設定した範囲内で動作検知する機能のイメージ
 アイ・オー・データ機器は、有線/無線LANに両対応のネットワークカメラ「TS-WLCAM」を発表した。販売開始は12月上旬。希望小売価格は7,770円。

 同製品は、離れた場所の映像をLAN経由でパソコンなどで確認できるネットワークカメラ。有線LANのほか802.11b/g/nの無線LANに対応し、LANケーブルの届かないような場所に設置することが可能。防犯用をはじめペットや子どもの様子をチェックする際に利用できる。

 QRコードを読み取るだけでカメラ登録や接続が可能な「QRコネクト+」に対応し、スマートフォンやタブレットでも簡単に利用可能。カメラで動きを検出してメールで知らせる機能を搭載。ACアダプタやUSB電源ケーブルによる給電のほか、別売のモバイルバッテリを利用することで電源のとれない場所での撮影に対応する。

 スマートフォン等の接続からストリーミング映像表示、コントロールまでを統合したアプリ「LCAMView」に対応。複数台のネットワークカメラを同時にモニタリングすることも可能。1台のスマートフォンに「LANCAMView」で登録できるカメラは24台、「LANCAMView」で1画面に表示できるカメラ台数は4台となる。

 対応機種はWindows/Macパソコン、Android/iOS搭載のスマートフォンやタブレットなど。最大解像度は1,280×960ピクセル、本体サイズは幅66×高さ80×奥行き37mm、重さは約90g。付属品はカメラスタンド/ACアダプタ/USB電源ケーブルなど。

ペットや子どもの遠隔観察・防犯用、スマホ・タブで映像チェックできるネットワークカメラ

《加藤@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)