ソニー、学校向けプロジェクタ発売…設置自由度が向上

教育ICT 学校・塾・予備校

主な仕様
  • 主な仕様
  • 主な仕様
 ソニーは、設置自由度の向上を実現した、学校向け液晶データプロジェクターとデータプロジェクターの計6機種を11月下旬より順次発売する。価格は、21万円前後から。

 液晶データプロジェクター「VPL-CX275」と「VPL-CW275」は高輝度に加え、レンズシフト調整機能や上下左右のキーストーン補正、幾何学補正などの補正機能を備えながらもコストパフォーマンスを意識したモデルで、主に教育機関の会議室向けに適している。

 データプロジェクター「VPL-FH36」と「VPL-FH31」はフルHDを超えるWUXGA(1920×1200ドット)の高解像度パネルを採用したハイエンドモデル。複数台のプロジェクターを並べマルチ画面投写する際に、映像の繋ぎ目を目立たないよう調整するエッジブレンディング機能を新たに搭載している。

 超短焦点プロジェクター「VPL-SW536」と「VPL-SX536」は、従来モデルに比べて設置自由度が向上し、机上投写も可能となる。「VPL-SW536」は、70型スクリーンに約10.8cmの距離から投写でき、小さな部屋でも大画面で投写できる。授業における少人数でのグループワーク向けに適している。

◆学校・企業向けプロジェクター
【VPL-CW275】
型名:データプロジェクター「VPL-CW275」(WXGA/5100lm)
発売日:2012年11月下旬
市場推定価格:32万円前後

【VPL-CX275】
型名:データプロジェクター「VPL-CX275」(XGA/5200lm)
発売日:2012年12月中旬
市場推定価格:25万円前後

【VPL-FH36】
型名:データプロジェクター「VPL-FH36」(WUXGA/5200lm)
発売日:2012年12月下旬
市場推定価格:75万円前後

【VPL-FH31】
型名:データプロジェクター「VPL-FH31」(WUXGA/4300lm)
発売日:2012年12月下旬
市場推定価格:60万円前後

【VPL-SW536】
型名:超短焦点データプロジェクター「VPL-SW536」(WXGA/3100lm)
発売日:2013年1月下旬
市場推定価格:22万円前後

【VPL-SX536】
型名:超短焦点データプロジェクター「VPL-SX536」(XGA/3000lm)
発売日:2013年2月中旬
市場推定価格:21万円前後

※「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格をソニーが推定したもの。製品の実際の販売価格は、各販売店により決定される。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)