素粒子の世界をのぞいてみよう「サイエンスカフェ in SAGA」12/8

教育・受験 学習

第12回 サイエンスカフェ in SAGA
  • 第12回 サイエンスカフェ in SAGA
  • 第12回 サイエンスカフェ in SAGA
 佐賀県は、第12回「サイエンスカフェ in SAGA」を12月8日、国民宿舎虹の松原ホテルで開催する。参加費は無料だが事前申込みが必要。

 サイエンスカフェは、科学者などの専門家と一般の市民が、飲み物を片手に気軽に科学などの話題について自由に語り合う、コミュニケーションの場。予備知識は一切不要で、気軽に楽しく科学に触れることができる。

 今年の7月4日、スイス・セルンで「標準模型」が予言する最後の素粒子「ヒッグス粒子」とみられる粒子の発見が発表され、世界中で大きく報道された。

 今回のサイエンスカフェでは、九州大学大学院・理学研究院の川越清以氏を話題提供者として招き、素粒子の世界をテーマに、ヒッグス粒子とみられる粒子の発見、脊振も候補地になっている国際リニアコライダー計画などの話題を、わかりやすく解説するという。

◆第12回 サイエンスカフェ in SAGA
日時:12月8日(土)14:00〜15:30
会場:国民宿舎 虹の松原ホテル 松の間(唐津市東唐津4丁目)
定員:30名(先着順)
参加費:無料(ワンドリンク350円程度のオーダー要)
応募方法:メールまたはFAX
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)