大阪市立小中学校長公募に63名合格…民間11名

教育・受験 学校・塾・予備校

最終選考の結果
  • 最終選考の結果
  • 大阪市教育委員会
 大阪市教育委員会は11月30日、大阪市立小学校・中学校の校長公募の最終合格決定について発表した。民間など外部応募者11名と内部応募者52名の計63名が最終選考に合格した。

 外部応募者数928名のうち、最終選考に合格したのは11名で合格率は1.2%となった。市教委によると、外部応募者11名の内訳は、性別では男性10名と女性1名、年代別では30代3名と50代8名、職業は会社役員や会社員、元学習塾講師、元公務員という。

 募集人数は、小学校40名と中学校10名の計50名程度としているが、早期退職などを見込んで63名合格としている。外部応募者11名は、2013年1月より非常勤職員として採用され、研修を受ける。内部応募者は名簿搭載となり、3月下旬に配属校が内示される予定。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)