立教大と埼玉大が協定締結、大学院の単位互換なども検討

教育・受験 学校・塾・予備校

協定書を取り交わす埼玉大の山口学長と立教大の吉岡総長
  • 協定書を取り交わす埼玉大の山口学長と立教大の吉岡総長
  • 立教大学のホームページ
  • 埼玉大学のホームページ
 立教大学と埼玉大学は3月18日、教育・研究資源の相互活用などを目的に、相互協力・連携協定を締結した。同じ埼玉県にキャンパスを置く大学として、資料の共同利用、事業の共同開催などに取り組むほか、大学院間の単位互換制度なども検討していく。

 両大学は、2009年に「埼玉大学共生社会教育研究センター所蔵資料に関する覚書」を締結。教育・研究全般における包括協定の検討を進めていた。

 今回締結したのは、「立教大学と埼玉大学との相互協力・連携協定」。今後は、共生社会教育研究センター所蔵資料の共同利用、FD(Faculty Development)関連事業の共同開催などを予定している。

 埼玉県との三者連携による地域貢献活動、大学院間の単位互換制度の確立、教員による研究分野の連携・交流などについても検討を進めていく。立教大新座キャンパスで行われた締結式では、立教大の吉岡知哉総長と埼玉大の山口宏樹学長が協定書にサインし、握手を交わした。

 吉岡総長は「埼玉大学は、同じ埼玉県にキャンパスを置く唯一の国立大学。理工学系が強い埼玉大学との連携は楽しみ」、山口学長は「締結を機にお互いに強いところは伸ばし合うなど、相互に高め合えれば」と語った。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)