2012年度上期の国内タブレット出荷台数、アップルが61.1%で1位

教育ICT モバイル

「国内タブレット端末出荷台数の推移」(MM総研調べ)
  • 「国内タブレット端末出荷台数の推移」(MM総研調べ)
  • 「2012年度上期 タブレット端末のメーカー別出荷台数シェア」(MM総研調べ)
  • 「2012年度上期 タブレット端末のiOSとAndroidの比較-出荷台数シェア」(MM総研調べ)
 MM総研は、2012年度上期(12年4月~9月)の国内タブレット端末の出荷状況を発表した。出荷台数は193万台で前年比82.1%増を記録している。

 メーカー別の台数・シェアは、アップルが118万台・61.1%でダントツのトップ。2位は富士通で22.2万台・11.5%、3位はNECで14.1万台・7.3%となり、以下、4位がAcerで6.6万台・3.4%、5位がソニーで6.3万台・3.3%、6位が東芝で6.2万台・3.2%、7位がASUSTeKで6万台・3.1%と続いている。

 iOSとAndroidでOSを比較すると、iOSが118万台でシェア61.1%、一方のAndroidは75万台でシェア38.9%。なお、同調査ではWindows OSを搭載したスレート型PCやコンパーチブル型タブレットPCが非対象となっており、今後は一部統計対象に含めて発表していく予定としている。

 通信方式の違いでみると、通信回線(3G・LTE)モデルは91万台でシェア47.2%、Wi-Fiモデルが102万台でシェア52.8%。画面サイズ別では、8型以上(10型中心)が172万台でシェア89.1%、7型台以下が21万台でシェア10.9%となった。

 なお、同調査でのタブレット端末の定義として、「Wi-FiもしくはWi-Fi+3G(以上)の通信機能を搭載」「動画・音楽・電子書籍などのコンテンツを利用できるマルチメディア機能を搭載」「7インチ以上のディスプレイを搭載」「スマートフォン同様のiOSやAndroidOSを搭載」。

2012年度上期の国内タブレット出荷台数、iOS対Androidは? MM総研調べ

《加藤@RBB TODAY》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)