Google、利用者の減少によりGoogle Readerの終了を発表

 米グーグルは現地時間13日、RSSフィードリーダーサービスの「Google Reader」を、7月1日付で終了させることを発表した。

デジタル生活 インターネット
現在Google Readerにアクセスすると、終了の告知が表示される
  • 現在Google Readerにアクセスすると、終了の告知が表示される
  • 「Official Google Reader Blog」での発表
  • Google Takeoutの画面
  • Google Reader
 米グーグルは現地時間13日、RSSフィードリーダーサービスの「Google Reader」を、7月1日付で終了させることを発表した。

 「Google Reader」の利用者は減少しており、会社として、より資源を他製品に注力するのが理由とのこと。同社SEのアラン・グリーン氏は「残念に思っていただける利用者がたくさんいることは知っています。私達もこの決定は悲しいです」としつつ、全リーダーデータを保全可能なサービスとして、「Google Takeout」を紹介している。

 なお同時に、CalDAV API、Google Building Maker、Google Cloud Connect、Google Voice App for Blackberryなどのサービス提供終了が発表されている。

Google Reader、7月1日で提供終了

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)