横浜市が「電気自動車の利活用促進事業」を開始、EVのカーシェアリングなど

生活・健康 交通・クルマ

非常時給水システム
  • 非常時給水システム
  • 電力見える化システムイメージ
横浜市は、内閣府から認定された、2012年度環境未来都市先導的モデル事業、横浜グリーンバレー構想「電気自動車の利活用促進事業」を開始すると発表した。

横浜グリーンバレー構想は、横浜臨海部をモデルとして、低炭素化を図るエネルギー施策の展開、環境・エネルギー産業の育成、環境啓発拠点の形成に取り組み、温室効果ガスの削減と経済活性化を進めるもの。

今回開始する事業では、実施主体であるオアシスソリューションが2か所の集合住宅で電気自動車(EV)・三菱『i-MiEV』を導入。カーシェアリングを行うとともに、EVを非常時・災害時等に停電した際、非常用電源として活用できるシステムを導入する。

新築分譲型集合住宅の「シティハウス横濱片倉町ステーションコート」では、停電時、通常の給水ポンプやエレベーターが停止した際、EVを非常用電源として、非常用揚水ポンプにて隔階(1階、3階、6階)に給水する設備を整備する。

既存賃貸型集合住宅の「シーブリーズ金沢」では、停電時、EVを非常用電源として受水槽の水を集会室のトイレ用水として利用できる設備を整備するとともに、各棟とEV用充電器の電力がリアルタイムで確認できる「見える化」システムを導入する。

横浜市、EVの利活用促進事業を開始…カーシェアや非常用電源など

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)