野毛山動物園が4/1に62回目の開園記念日を迎え、来園者にポストカードをプレゼント

 4月1日に62周年を迎える野毛山動物園は、入園者先着100人にポストカードをプレゼントする。また、園内は約250本の桜の花が見ごろを迎えていることから、来園を呼び掛けている。

教育・受験 学習
開園62周年を迎える野毛山動物園
  • 開園62周年を迎える野毛山動物園
  • 営業部長のフタコブラクダの「ツガル」
  • 桜が見ごろの園内
 4月1日に62周年を迎える野毛山動物園は、入園者先着100人にポストカードをプレゼントする。また、園内は約250本の桜の花が見ごろを迎えていることから、来園を呼び掛けている。

 みなとみらい21区を眼下に見下ろす高台にある同動物園は、気軽に訪れて動物たちと触れ合えると、市民の憩いの場となっている。

 開園は1951年4月1日。昨年度は28年ぶりに入園者が90万人を超えた。今年も桜の時期に開園記念日を迎えられることに感謝を込め、4月1日に入園した先着100人にオリジナルポストカードをプレゼントする。

 ポストカードは、「Good Old Days Nogeyama」と題し、1982年に入園したフタコブラクダのツガルの様子がわかるカード。懐かしい野毛山動物園がデザインされている。ツガルは昨年度から同園の営業部長に就任している。

 カードは9時30分から動物園入り口でプレゼントする。

◆野毛山動物園開園記念日
日時:4月1日(月)
場所:野毛山動物園(横浜市西区老松63-10)
カードプレゼント:動物園入り口で9:30から先着順で100人にプレゼント
開園時間:9:30~16:30
入園料:無料
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)