文系は金融系、理系は専攻を活かせる企業を選ぶ傾向に…マイナビ調べ

 マイナビは3月28日、「2014卒マイナビ大学生就職企業人気ランキング」において、2014年卒業予定者の調査結果、文系ランキングと理系ランキングの各上位100社を発表した。理系は自身の専攻を活かせる企業、理系大学院生は技術力が高い企業を選ぶ傾向となった。

教育・受験 受験
文系は金融系、理系は専攻を活かせる企業を選ぶ傾向に…マイナビ調べ
  • 文系は金融系、理系は専攻を活かせる企業を選ぶ傾向に…マイナビ調べ
  • 文系は金融系、理系は専攻を活かせる企業を選ぶ傾向に…マイナビ調べ
 マイナビは3月28日、「2014卒マイナビ大学生就職企業人気ランキング」において、2014年卒業予定者の調査結果、文系ランキング(総合・男子・女子)と理系ランキング(総合・男子・女子)各上位100社を発表した(有効回答数:17,725名)。文系は安定志向回帰から、金融業界が全体的にランクアップ。理系は自身の専攻を活かせる企業、理系大学院生は技術力が高い企業を選ぶ傾向となった。

 前年に比べ、内定率が上昇したことにより、「2014年卒マイナビ大学生就職意識調査(以下、就職意識調査)」では、前年に最低水準まで下がった「大手企業志向」が増加に転じている。企業人気ランキングの選社理由においては、「安定している」「業界上位である」が文系・理系共にやや上昇した。一方、「やりたい仕事ができそう」はやや減少したが、選社理由のトップを譲ることはなかった。そのほか、文系では「社風が良い」、理系では「給与・待遇が良い」の増加が目立った。

 このような状況の中、文系のランキングでは「JTBグループ」が6年連続のトップ、理系のランキングでは「JR東日本(東日本旅客鉄道)」が1978年の調査開始以来初のトップとなった(これまでの最高位は前年の7位)。「JR東日本(東日本旅客鉄道)」は文系男子でもトップとなり、理系男子と合わせて男子のトップを独占した。文系女子のトップは「JTBグループ」で、理系女子のトップは僅かな票差で「カゴメ」となった。また、今年度初めて集計した理系大学院生のランキングでは「旭化成グループ」がトップとなった。

◆2014卒マイナビ大学生就職企業人気ランキングBest10
文系総合ランキング
1位 JTBグループ
2位 ANA(全日本空輸)
3位 エイチ・アイ・エス
4位 電通
5位 三菱東京UFJ銀行
6位 オリエンタルランド
7位 JR東日本(東日本旅客鉄道)
8位 JAL(日本航空)
9位 Plan・Do・See
10位 東京海上日動火災保険

理系総合ランキング
1位 JR東日本(東日本旅客鉄道)
2位 カゴメ
3位 旭化成グループ
4位 資生堂
5位 明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ)
6位 味の素
7位 トヨタ自動車
8位 三菱重工業
9位 東芝
10位 NTTデータ
《田邊良恵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)