平成25年の保健師・看護師国家試験、10名が追加合格…提出書類の処理ミス

教育・受験 受験

保健師・看護師の国家試験受験状況(4月17日発表)
  • 保健師・看護師の国家試験受験状況(4月17日発表)
  • 保健師・看護師の国家試験受験状況(3月25日発表)
 厚生労働省は4月17日、3月25日に発表した平成25年の保健師と看護師の国家試験合格者について、提出書類の処理ミスが判明したことから、追加で合否判定を行い、追加合格者を発表した。これにより保健師2人と看護師8人が追加合格となった。

 受験の際に必要な卒業証明書を提出したにもかかわらず、厚生労働省側のミスで15人が未提出と処理されていた。加えて学校側のミスで3人が未提出と処理されており、計18人の受験が無効となっていた。

 追加で合否判定を行ったところ、愛知県で受験した保健師2人(うち1人は看護師も合格)と看護師7人が追加合格となった。また、大阪府で受験した看護師1人は、学校側のミスが判明して追加合格となった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)