キッザニア甲子園、薬剤師と商品開発の仕事が学べる新パビリオン

趣味・娯楽 その他

「ドラッグストア」パビリオン(イメージ)
  • 「ドラッグストア」パビリオン(イメージ)
  • キッザニア甲子園(WEBサイト)
 ドラッグストアや調剤薬局などを展開するココカラファインは、キッザニア甲子園に7月下旬、「ドラッグストア」パビリオンをオープンする。

 「ドラッグストア」パビリオンでは、ドラッグストア内の調剤薬局で働く「薬剤師」の仕事と「オリジナル商品を作る」という2種類の仕事を体験をすることができるという。

 「薬剤師」では、さまざまな薬の種類や役割などの基礎知識を学んだあと、処方せんや薬の効能、利用客の薬の履歴を確認しながら、専門の機材を使って薬を用意する。

 「オリジナル商品作り」では、季節ごとに必要な医療品、日用品を考え、「ハンドソープ」や「マスク」などのデザインをし、オリジナル商品を作る。なお、作った商品は持ち帰ることができるという。

 ココカラファインは、本パビリオン出展を通して、子どもたちに「調剤薬局で働く薬剤師の仕事」や「日々の健康維持などに携わる商品作り」を体験してもらい、医療を身近に感じ、セルフメディケーションの大切さを学ぶ場にしてほしいとしている。

◆「ドラッグストア」パビリオン
スポンサー:ココカラファイン
オープン日:7月下旬予定
・薬剤師
定員:4名/1回
所要時間:約30分
・オリジナル商品作り
定員:2名/1回
所要時間:約30分
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)