都立中央図書館が小中学生の「一日館長」を募集、図書館の仕事を体験

教育・受験 学習

都立中央図書館(Webサイト)
  • 都立中央図書館(Webサイト)
  • 都立中央図書館(イメージ)
 都立中央図書館は、図書館の社会的役割や魅力と若者の利用促進をPRするため、都内の小学5年生から中学2年生までを対象に「一日館長」を3名募集すると発表。図書館の仕事体験のほか、普段は見れない貴重な資料を見ることもできるという。

 一日館長は8月3日に実施。来館者の出迎え、企画展示のテープカットのほか、出納窓口受付、館内放送、図書の整理、点字の作成など、司書業務を体験する。また、普段見ることができない書庫や貴重な資料を見ることができ、夏休みの自由研究として役立てることもできるという。

 活動の様子は同館ホームページなどで紹介され、一日館長には感謝状と記念品が贈呈される。申込みは同館Webサイトまたは往復はがきで受付けており、締切は7月16日となっている。

◆都立中央図書館 一日館長募集
実施日時:8月3日(土)9:30~14:30
場所:東京都立中央図書館(港区南麻布)
対象:都内の学校に通う小学5年生から中学2年生までの児童・生徒
応募人数:3名
締切:7月16日(火)
応募方法:Webサイトまたは往復はがき
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)