上智大が「全国高校生英語弁論大会」11月開催、1次審査の応募者募集

教育・受験 学校・塾・予備校

上智大学全国高校生英語弁論大会
  • 上智大学全国高校生英語弁論大会
  • 上智大学
 上智大学は、「第3回上智大学全国高校生英語弁論大会(ジョン・ニッセル杯)」の応募者を募集している。全国の高校生を対象にした英語の弁論大会で、1次審査の通過者が11月開催の本選に出場することができる。

 大会は、建学以来、外国語教育を重視してきた同大が2011年度に初めて開催。自分の考えを公の場で英語を使って発表することを通して、高校生の英語能力向上を目指している。英語学科で長年にわたり教えた故ジョン・ニッセル師にちなみ、「ジョン・ニッセル杯」と名付けている。

 対象は、日本国内の高校に通う1~3年生で、11月30日に同大四谷キャンパスで開催する本選に出場できる生徒。海外体験の有無は問わない。弁論の長さは5分以内。弁論の内容は特に指定しないが、できるだけ実体験に基づいた独自の内容が望ましい。

 審査は、英語の文法、発音、プレゼンテーション技術のほか、主題の選択、文章構成、スピーチとしての説得力、内容の独自性など内容面も重視する。原稿と録音による1次審査で、本選出場予定の20名を選出。本選では、スピーチ後に審査員が簡単な質疑応答を行う。

 1次審査応募締切は、8月30日(必着)。参加を希望する高校生は、所定の参加申込用紙と弁論原稿、録音(CDまたはカセットテープ)を同大外国語学部英語学科英語弁論大会係へ送付する。

◆第3回上智大学全国高校生英語弁論大会(ジョン・ニッセル杯)
対象:日本国内の高校に通う1~3年生(本選に出場できる生徒、海外体験の有無は問わない)
弁論の長さ:5分以内
弁論の内容:指定なし、できるだけ実体験に基づいた独自の内容が望ましい
審査基準:英語の文法、発音、プレゼンテーション技術のほか、主題の選択、文章構成、スピーチとしての説得力、内容の独自性など内容面も重視する
1次審査:原稿と録音
1次審査応募期限:8月30日(必着)
本選出場予定数:20名
1次審査発表:9月下旬
本選参加者最終原稿提出期限:10月25日
本選:11月30日上智大学四谷キャンパスで開催
応募方法:所定の参加申込用紙(ダウンロード可)、弁論原稿、録音(CDまたはカセットテープ)を送付
提出先:〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
上智大学外国語学部英語学科 英語弁論大会係
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)