東京理科大、ビッグデータを活用した産学共同研究を開始

デジタル生活 その他

連携イメージ図
  • 連携イメージ図
 ソフトバンク・テクノロジー(SBT)と東京理科大学は18日、ビッグデータを活用したデータマイニングに関する産学共同研究を開始することを発表した。共同研究契約を締結したとのこと。

 「データマイニング」とは、大量の文書、データベース、Webページから有効な情報を抽出し、それを知識に変換する情報技術。ECサイトの運営活動および顧客の購買活動におけるあらゆるデータを複合的に分析することで、顧客行動における傾向を調査し予測モデルを構築することが目的。

本プロジェクトにより得られた予測モデル、ECサイトにおける先進的かつ実践的な経営戦略ツールとなることに期待しています。

 SBTが運営するアクティブユーザー数が約500万ユーザーの大規模ECサイトで得られるビッグデータを基に、SBTの技術ノウハウと東京理科大学の高度なデータマイニング研究能力を組み合わせることで、予測モデルを構築する。将来的にこのモデルは、ECサイトにおける経営戦略ツールとしての活用が期待されるとのこと。

ソフトバンクTと東京理科大、ビッグデータを活用した共同研究に着手

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)