野球グラブを作る期間限定アクティビティ、キッザニア東京・甲子園で開催

趣味・娯楽 スポーツ

グラブ作りのイメージ画像
  • グラブ作りのイメージ画像
  • キッザニアホームページ
 キッザニア東京とキッザニア甲子園は、スポーツメーカー・ミズノの協力を得て、野球のグラブを自分の手で作ることができる「グラブ作り職人」アクティビティを期間限定で実施する。

 期間限定アクティビティ「グラブ作り職人」は昨年、キッザニア甲子園で初開催されたもの。参加した子どもたちから「苦労して作ったグラブでキャッチボールが楽しめる」など好評だったことから、今年はキッザニア東京でも開催することに決まったという。

 アクティビティでは、ミズノから派遣されたグラブ作りの講師が、子どもたちに直接、製作工程を指導する。子どもたちはグラブの仕組みや作り方のポイントなどを学んだ後、グラブの指部分の編み込みなどを行い、自分だけのオリジナルグラブを完成させる。完成したグラブは持ち帰ることができる。

 なお、このアクティビティは、ミズノが2010年より展開している「やきゅう基地プロジェクト」の一環として実施している「10,000人のグラブづくり企画」と連動。同企画では、全国各地の幼稚園・小学校の子どもたちが自分の手でグラブを完成させることで、野球の楽しさを感じてもらいたいという想いで、参加者1万人を目指して取り組んでいる。

 そのほか、「グラブ作り職人」アクティビティの期間中は、特設パビリオンにて野球の歴代日本代表ユニフォームの展示やバット削りの実演(8月31日 東京・9月23日 甲子園)など、野球に関わるさまざまなイベントも予定している。

◆期間限定アクティビティ「グラブ作り職人」
キッザニア東京:8月30日(金)~9月1日(日)
キッザニア甲子園:9月21日(土)~9月23日(月・祝)
定員:6名/1回
所要時間:60分
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)