日比谷図書文化館で体験型展覧会、本との対話を提案

教育・受験 学習

特別展「終わりから始まるものがたり―25の問いと100冊の本―」
  • 特別展「終わりから始まるものがたり―25の問いと100冊の本―」
  • 特別展「終わりから始まるものがたり―25の問いと100冊の本―」
  • 日本科学未来館での開催風景
  • 日本科学未来館での開催風景
 千代田区立日比谷図書文化館は、特別展「終わりから始まるものがたり―25の問いと100冊の本―」を8月15日より開催する。同企画は、入館時に現れる問いの手がかりとなる本などが提示され、本とふれあいながら図書館を回り、回答を出していくという体験型展覧会。

 昨年春に日本科学未来館で開催された企画展「世界の終わりのものがたり~もはや逃れられない73の問い」を元に再構成された今回の展覧会は、さまざまな観点から投げかけられる25の問いとそれら問いに対する示唆や図書館司書が選んだ100冊の「本」をヒントとして、自分なりの「終わりから始まる新たな希望のものがたり」の作成に導くという。

 メイン会場となる特別展示室に一歩足を踏み入れると、「世界の終わりを想像したことがありますか?」「生きているあいだに絶対にやってみたいことはなんですか?」など、次々に「問い」が現れる。問一問について、自分の胸に問いかけたり、本をパラパラとめくったり、その場で回答を書き出したり、ほかの人の回答と比べてみたりと、森の中を散策するようにゆっくり会場を歩きながら自らの中にある答えを探してほしいという。

 また、鉄板ナポリタンの大盛りが無料になる企画「大好物をひたすら食べ続けることができますか?」や、図書館司書が選書した「100冊の本」が購入できる「終わりから始まるものがたりをはじめるための本棚」など館内のレストランやショップでもユニークな連動企画が開催される。

◆特別展「終わりから始まるものがたり―25の問いと100冊の本―」
会期:8月15日(木)~10月14日(月・祝)
※休館日8月19日(月)、9月16日(月・祝)観覧時間:平日10:00~20:00、土10:00~19:00、日祝10:00~17:00(入室は30分前まで)
会場:千代田区立日比谷図書文化館
特別展観覧料:一般300円、大学・高校生200円、区民・中学生以下、障がい者手帳を持つ人および付き添いの人1名は無料
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)