12時間先までの渋滞予測を表示、ナビタイム渋滞フルマップに新機能

デジタル生活 ソフト・アプリ

サービスイメージ
  • サービスイメージ
  • カーナビタイム for Smartphone 高速基本画面(画像はAndroid版)
ナビタイムジャパンは7月19日、Android端末向け「カーナビタイムfor Smartphone」の「渋滞フルマップ」に渋滞予測スライダーを追加した。

「渋滞フルマップ」は、全国の高速道路の渋滞情報を、1枚の簡易地図で見られる機能。従来は、未来の渋滞予測情報を見るのに、日時設定画面に切り替えて、任意の日時を設定する必要があった。

今回、渋滞予測スライダーを追加したことで、現在時間から1時間ごとに12時間先までの渋滞予測情報を、簡易地図上で連続的に表示できるようになった。画面を切り替える必要がないため、渋滞予測情報の変化がより見やすくなる。

また、これに伴い、新たに渋滞短期予測の技術を取り入れ、より精度の高い渋滞予測情報や到着予想時間を提供可能とした。

ナビタイム、渋滞フルマップに渋滞予測スライダーを追加

《村尾純司@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)