TOEIC公開テスト、12/8実施より札幌・福岡など7か所の受験地を追加

教育・受験 その他

TOEIC公開テスト
  • TOEIC公開テスト
  • 第186回 TOEIC公開テストの受験地
 日本でTOEICプログラムを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は24日、2013年12月8日に開催するTOEIC公開テストから、受験地を7か所追加すると発表した。

 新たに追加するのは、北海道(札幌市)・宮城(仙台市)・静岡(静岡市など)・滋賀(草津市など)・奈良(奈良市など)・広島(広島市など)・福岡(福岡市など)の7受験地。昨年実施した東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、京都、大阪、兵庫の8か所とあわせて、受験地は合計15か所となる。

 国際ビジネスコミュニケーション協会は、受験地を拡大することで、受験者の利便性を向上し、より多くの人に受験機会を提供していきたいとしている。

 なお、12月8日開催のTOEIC公開テストは、10月15日から申込み受付けを開始する。受験料は5,565円。

◆第186回 TOEIC公開テスト
試験日:12月8日(日)
申込期間:10月15日(火)~29日(火)
結果発送予定日:2014年1月7日(火)
受験地:東京、神奈川、千葉、埼玉、名古屋、京都、大阪、兵庫、北海道、宮城、静岡、滋賀、奈良、広島、福岡
受験料:5,565円
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)