ディベート甲子園、創価中学校と岡山白陵高等学校が優勝

教育・受験 学校・塾・予備校

第18回ディベート甲子園
  • 第18回ディベート甲子園
  • 会場の様子はUstreamで中継された
 全国中学・高校ディベート選手権(ディベート甲子園)が8月10日から12日の3日間、東洋大学・白山キャンパスで開催された。中学生の部、高校生の部に分けて実施され、中学生の部で創価中学校が、高校生の部で岡山白陵高等学校が優勝した。

 18回目の開催となる今回の大会には、全国の133校(中学24校、高校32校)が参加し、7地区で行われた予選を勝ち抜いた56校(中学24校、高校32校)が白山キャンパスに集まった。

 中学生に与えられたテーマは、「ドギーバッグ(食べ残した料理を持ち帰るための容器)の義務づけ」、高校生は「首相公選制(総理大臣を国民の直接選挙によって選出する制度)」。それぞれのテーマに基づいて各校4人で構成するチームが賛成側、反対側に分かれて議論した。

 中学生の部で優勝したのは、創価中学校(東京)、準優勝に東海中学校(愛知)、3位に渋谷教育学園幕張中学校(千葉)と高浜市立高浜中学校(愛知)が入った。高校生の部では、岡山白陵高等学校(岡山)が優勝。準優勝は東海高等学校(愛知)、3位に慶應義塾高等学校(神奈川)と福岡県立小倉高等学校(福岡)となった。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)