子どもから大人まで、あまり木おもちゃプロジェクトのデザイン一般公募

趣味・娯楽 その他

あまり木おもちゃプロジェクト トップ
  • あまり木おもちゃプロジェクト トップ
  • 第1弾テーマは「車」
  • 株式会社キシル ロゴ
  • プロジェクト製品イメージ図
  • デザイナーイメージ図
  • キシル直営店 店内(浜松、深川、松本)
 キシルは、家具製作の際に出たヒノキや杉の端材からおもちゃを作る「あまり木おもちゃプロジェクト」を開始した。おもちゃのデザインは一般ユーザーから公募する。

 プロジェクトの第1弾のデザインテーマは「車」で、デザインが採用されるとキシル直営店やネットショップで販売されるほか、デザイナーはホームページやパンフレットで紹介される。また、デザイナーには商品化された製品の第1号が贈られる。

 応募は、コンテストサイトの専用応募用紙もしくは応募フォームから可能。大人から子どもまで、プロやアマチュアを問わず募集を行っている。

 キシルでは学習机の企画製造販売を行うほか、小さな子どもが日本の木に親しむため、カスタネットや積み木などの製造販売も行っており、このプロジェクトには「日本の木を大切にしたい」という想いと、国産のヒノキや杉の素晴らしさを広く伝えたいという想いが込められている。

◆国産材で作る「おもちゃのデザイナー」を一般公募
応募期間:2014年3月31日まで
応募資格:なし(プロ、アマチュア不問)
応募方法:
1.キシル直営店(全国3店舗)で応募用紙をスタッフへ手渡し
2.郵送またはコンテストサイトより応募
《木村 厚美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)