大阪の中学校教諭、生徒の個人情報を記録したUSBメモリを紛失

大阪府泉南市は、一丘中学校教諭が担当する生徒の個人情報や成績に関するデータを記録したUSBメモリを紛失していたことが判明したと発表した。

デジタル生活 その他
大阪府泉南市による発表
  • 大阪府泉南市による発表
大阪府泉南市は8月15日、一丘中学校教諭が担当する生徒の個人情報や成績に関するデータを記録したUSBメモリを紛失していたことが判明したと発表した。これは8月3日に判明したもので、紛失したUSBメモリには、同中学校3年生生徒の氏名、テストの結果、評価などのデータが含まれていた。なお、住所や電話番号、生年月日などは含まれていないとしており、現時点での情報流出の事実も確認されていないという。

中学校教諭が生徒の個人情報を記録したUSBメモリを紛失(大阪府泉南市)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)