難関大学合格者の65.4%が高2までに志望校決定、東進タイムズ調べ

 大学受験予備校の東進は、難関大学の合格者のうち65.4%は、高2までに「学部・学科」で志望校を決めたことを東進タイムズ2013年9月1日号の16面で紹介している。

教育・受験 受験
志望校選びのポイントは?
  • 志望校選びのポイントは?
  • 文理選択の決め手は?
  • 東進タイムズ 2013年09月01日号 16面
  • 東進タイムズ on Web
  • 東進ドットコム
 大学受験予備校の東進は、難関大学の合格者のうち65.4%は、高2までに「学部・学科」で志望校を決めたことを東進タイムズ2013年9月1日号の16面で紹介している。

 東進タイムズは、東京大学、京都大学等の難関大学に合格した大学1・2年生394名を対象に、志望校選びのポイントについて調査を行った。その結果、3人に2人が大学ではなく、学部・学科を先に決めたと回答した。また、71.2%が高2までに志望校を決めていたことから、難関大の合格者は高2までに「学部で何を学べるか」について情報収集していたことがわかった。

 文理選択については、「数学が苦手だから」など消極的な理由で選びがちだが、難関大合格者に選択の決め手を聞いたところ、「興味のある学問があった」が36.1%でもっとも多く、続いて「将来の夢を実現するため」が28.0%となった。これらの回答をした学生は、現在の大学生活について「同じ関心を持つ仲間と刺激しあい意欲がわく」「将来や夢につながる」などのコメントを寄せており、充実している様子がうかがえた。
《宮坂 英里》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)