ラグビー人気再燃に早明がスクラム、2019年W杯に向け

趣味・娯楽 スポーツ

早稲田大学と明治大学、両キャプテンが握手
  • 早稲田大学と明治大学、両キャプテンが握手
  • 「国立をホームにしよう」プロジェクト
  • 早稲田大学の後藤禎和監督と垣永真之介主将
 大学ラグビーの伝統校である早稲田大学と明治大学は「国立をホームにしよう」プロジェクトを発足。2019年に開催されるワールドカップ(W杯)に向け、ラグビーの魅力をPRする活動を開始する。

 2020年東京オリンピックのメイン会場となる国立競技場は、来年から改修工事が始まり、12月1日に行われるラグビー早明戦が現行の国立競技場での「最後の早明戦」となる。これを契機に両校は「国立をホームにしよう」プロジェクトを発足。2019年に日本開催が決定しているラグビーW杯へ向け、日本中にラグビーの魅力を伝え、夢と勇気と感動を与えることを目的に活動を開始する。

 今回のプロジェクトは、応援する観客席のファン同士にも盛り上がってもらおうと、国立競技場をどちらの大学が「ホーム(=本拠地)グラウンド」にできるかを競い合うというもの。

 1982年の観客動員数は6万6,999人で、現行国立競技場を満員にしていたラグビー早明戦。しかし、2012年には3万2,132人と全盛期の約半分の動員数にとどまっている。このような状況を受け、学生スポーツの意義の波及や、2019年ラグビーW杯へ向けた人気再燃、日本代表強化のきっかけづくりのためにラグビーの魅力を広めていく狙いだという。

 9月9日に行われた記者会見では、早稲田大学の後藤禎和監督が「さまざまなイベント企画を用意して、ラグビーに興味のない人たちにもぜひ来てもらいたい」と語り、明治大学の丹羽政彦監督も「注目される伝統校としてラグビー普及のための責任を果たしていきたい」と抱負を語った。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)