【高校受験2014】首都圏公立高校受験生向け模試「Vもぎ」10月開催

 高校入試のための模擬テストを運営する進学研究会が都立・都立自校作成対策もぎ・千葉県立入試を対象とした「Vもぎ」を10月にそれぞれ実施する。申込みはオンライン、もしくは受付店での申込みとなる。

教育・受験 学校・塾・予備校
Vもぎの進学研究会 進研スタディーサイト
  • Vもぎの進学研究会 進研スタディーサイト
  • 都立Vもぎ成績表
  • 学力分析表 弱点部分が一目でわかる
 高校入試のための模擬テストを運営する進学研究会が都立・都立自校作成対策・千葉県立入試を対象とした「Vもぎ」を10月にそれぞれ実施する。申込みはオンライン、もしくは受付店での申込みとなる。

 「Vもぎ」とは進学研究会が主催する高校入試のための模擬テスト。受験会場に大学・高校・専門学校を使用することによって実際の試験と同じような場面を設定し、本番の臨場感を体験することも狙いだ。また、判定の内容も現在の学力や志望校への合格の可能性を判定。都立もぎは都立3校・私立(国立)2校まで判定可能。県立もぎは千葉県立3校・私立(国立)2校まで判定可能となっている。

 都立Vもぎは6日・20日・27日に行われ、5科目で判定される。そのうち6日・20日は1月まで毎月実施されるより本番に近い入試そっくり版となる。また、都立自校作成対策もぎは、27日に行われ、日比谷・西・国立など独自の問題で入試を行う学校に照準を合わせたものとなっており、自由英作文や、数学での途中式を書かせる問題など、記述中心でさらに難易度の高い試験を体験することができる。さらに、県立Vもぎは13日に行われ、千葉県公立高校の出題形式をとらえた模擬試験となっており、こちらも同様、本番に近い入試そっくり版を実施する。

 志望校の診断には内申が必要となるのであらかじめ試験当日に記入できるように準備しておこう。年間のべ20万人以上が参加する「Vもぎ」。今の自分の力を知ることから、自分の望む未来への地図が手に入るに違いない。

◆都立Vもぎ
試験日:10月6日(日)・20日(日)・27日(日)(うち6日・20日はそっくり)
試験時間:8:20集合~13:30終了(27日のみ13:10終了)
受験料:4,300円 当日申込み5,500円(空きがある場合のみ)

◆都立自校作成対策もぎ
試験日:10月27日(日)
試験時間:8:20集合~13:10終了
受験料:5,000円 当日申込み6,000円(空きがある場合のみ)

◆千葉県立そっくりもぎ
試験日:10月13日(日)
試験時間:8:10集合~13:30終了
受験料:4,300円 当日申込み5,500円(空きがある場合のみ)
《田邊良恵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)