ボランティア活動に取り組む大学生に助成金、ソニーマーケティング

教育・受験 その他

海づくり人づくり・江戸前の魚を通じて東京湾を考える(助成団体の活動事例)
  • 海づくり人づくり・江戸前の魚を通じて東京湾を考える(助成団体の活動事例)
  • 学生国際協力 NGO FEST・貧困地域の子どもたちに学習機会を提供(助成団体の活動事例)
  • 宮城学院女子大学 学童保育ボランティアグループ「From F」・「おやつ」を通じて、豊かな放課後のひとときを(助成団体の活動事例)
  • 邑サポートなら・台風被害を受けた住民のコミュニティサポート(助成団体の活動事例)
 ソニーマーケティングは、ボランティア活動に取り組む大学生の支援を行う「第13回ソニーマーケティング学生ボランティアファンド」の募集を開始。11月18日まで、ホームページで受け付けている。

 「ソニーマーケティング学生ボランティアファンド」は2001年に開始され、ソニーマーケティングと明治学院大学ボランティアセンターとのパートナーシップにより運営されている。同ファンドでは、今年度より従来の学生ボランティア活動に加え、ビジネスの手法を活用して課題解決する「ソーシャルビジネス」の構築に取り組む学生団体の支援をスタートする。ビジネス手法を取り入れた、学生ならではの視点や企画に期待しているという。

 助成は、大学生がリーダーシップをとって進める活動であることと、2014年1月~5月の間に活動を開始できることが条件。新たにグループを結成し、これから活動する新規の計画案でも応募可能だ。

 助成金額は、ビジネス的な手法を活用することで課題解決する活動「Sコース」、ボランティア活動「Aコース」が各25万円、新規に開始する取り組みや少額での活動が可能な取り組みなどの「Bコース」が各10万円。合わせて25前後の活動に対して助成を行う。

 助成対象グループは、審査委員による選考で決定。選考では、活動の社会性や計画性・企画力、新規性に加え、学生らしさやチャレンジ性、ユニークさなどがポイントになるという。対象グループの発表は、12月26日にWebサイトで行うという。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)