内閣府、中高生向け科学イベント「みんなの2030年」11/10…女性研究者ら登壇

教育・受験 その他

みんなの2030年~科学技術イノベーションでつくる未来
  • みんなの2030年~科学技術イノベーションでつくる未来
  • サイエンスアゴラ
 内閣府は11月10日、科学イベント「みんなの2030年~科学技術イノベーションでつくる未来」を東京都立産業技術研究センター(東京都江東区)で開催する。入場は無料。

 今年、日本は2030年に目指す社会の姿を実現するため、科学技術イノベーションを駆使して克服すべき課題に取り組んでいくことを決定した。

 本イベントでは、現在各分野で活躍中の若手・女性研究者を招き、研究内容やそのおもしろさ、中高生のときにどんな生徒だったか、これから中高生たちが進路を考える際のヒントなどを紹介するという。

 当日は、慶應義塾大学理工学部・松尾亜紀子教授の講演「好奇心がとまらない この世の仕組みとテクノロジー」のほか、研究者4名によるセッション「科学技術イノベーションでつくる未来」を開催。さらに、研究者4名と自由に話ができる「アフタートーク」も開催する。

 なお、本イベントは科学技術振興機構のイベント「サイエンスアゴラ」内で実施。当日は、近接する日本科学未来館で最先端科学技術の展示も入場無料で行われる。

◆みんなの2030年~科学技術イノベーションでつくる未来
日時:11月10日(日)10:30~12:00
会場:東京都立産業技術研究センター(東京都江東区)
定員:200名
応募方法:当日参加可能だが、FAXまたはホームページからの事前登録を推奨
講師:
 原山優子氏 総合科学技術会議有識者議員
 松尾亜紀子氏 慶應義塾大学理工学部教授
 狩野光伸氏 岡山大学薬学部教授
 酒井日出子氏 東京都立産業技術研究センター城東支所デザイン担当研究員
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)