お歳暮予算にアベノミクス効果薄く75%が「変わらない」

生活・健康 その他

今年のお歳暮で贈る予定のものは次のうちどれですか?
  • 今年のお歳暮で贈る予定のものは次のうちどれですか?
  • お歳暮を選ぶ際に重視する点はなんですか?
  • お歳暮をもらった時に嬉しいのはどんなものですか?
  • あなたはアベノミクス等による景気回復を実感していますか?
  • 昨年のお歳暮に比べて、今年贈るお歳暮の件数/1つあたりの金額は増えると思いますか?
 アンケートサイト「Qzoo」を運営するゲインは、会員を対象に「お歳暮意識調査2013」を実施し、300名から回答を得た。

 今年のお歳暮で贈る予定のものは「プレミアムビール」(39.7%)が首位となり、次いで「コーヒー・紅茶・お茶」(23.3%)で、「プレミアムビール」が「ビール」(23%)を上回る結果になった。

 また、お歳暮選びの重視点は、「ギフト商品としての定番感」(24.7%)が首位となり、「高級感・高品質感」(17.7%)が続いた。続いて、もらった時にうれしいものは、あるとうれしいが自分用に購入しないもの(49.7%)が全体の約半分を占める結果となり、次いで、「高級感・高品質感があるもの」(23.3%)という結果に。

 このほか、『あなたはアベノミクスなどによる景気回復を実感していますか?』という質問では、「まったく実感していない」+「あまり実感していない」(計56.3%)が、「やや実感している」+「とても実感している」(計22.3%)を上回った。

 最後に、昨年のお歳暮に比べて、今年贈るお歳暮にかける金額は「変わらない」(75%)が最多で、アベノミクス効果がお歳暮商戦にまで届いてない結果となった。

 しかし、20代男性のみ「やや増える」(36.7%)が「変わらない」(33.3%)を上回っており、「大幅に増えると思う」+「やや増える」(計50%)は全体の半分になっている。また、「大幅に増えると思う」と回答した割合が高いのは20代女性(17.2%)になっており、若い世代ほど昨年に比べ、お歳暮の金額が増える傾向にあることがわかった。

今年の“お歳暮”は何を贈る予定?…お歳暮意識調査

《浦和 武蔵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)