富士急電車まつり、運転士や車掌体験など17種類のイベントを開催11/30

趣味・娯楽 その他

運転士&車掌のお仕事体験
  • 運転士&車掌のお仕事体験
  • 信号訓練室見学
  • オリジナルグッズ販売
  • 電車修理工場見学
  • 電車を洗う「洗車機」通過体験
  • 線路&電気メンテナスのお仕事体験
  • ブルートレインが走る!体験乗車会
  • 電車修理工場見学
 富士急行は11月30日、今年で8回目となる「富士急電車まつり2013」を富士急行・河口湖駅など3会場で開催する。今年は「運転士&車掌のお仕事体験」や「運転指令員のダイヤ作成体験」などといった体験型イベントを新たに企画したという。

 当日行われるイベントは17種類。車両撮影会では、2014年2月に引退予定のフジサン特急車両がJR中央本線などで「パノラマエクスプレスアルプス」として活躍していた当時の塗装に復元されて登場する。

 イベントは、メイン会場となる河口湖駅をはじめ、富士山駅、下吉田駅の3駅で実施。河口湖駅会場では運転士や車掌のお仕事体験、車両撮影会、オリジナルグッズ販売など。富士山駅会場では車両メンテナンスや駅員、運転指令員(ダイヤ作成)など各種お仕事体験に加え、電車と綱引き体験を実施するという。下吉田駅会場では、線路・電気メンテナンスのお仕事体験に加え、ブルートレインの体験乗車などをが予定されている。

 また当日は、富士急行線に乗って各会場を巡り、各会場の体験型イベントに参加する毎にオリジナルシールがもらえる「富士急行線お仕事体験シールラリー」も開催。イベントへの参加には乗車券または駅入場料(大人160円、小人80円)などが必要。電車まつり当日が、河口湖~下吉田駅間が1日乗り降り自由となる周遊きっぷ(大人500円、小人250円)も発売する。

◆富士急電車まつり2013
日時:11月30日(土)9:30~15:00
※イベントによって開催時刻は異なる
会場:第1会場(メイン会場)河口湖駅、第2会場 富士山駅、第3会場 下吉田駅
参加費:乗車券または駅入場料(大人160円、小人80円)などが必要
※参加者多数の場合は人数を制限する場合もあり
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)