小3生以上対象の理科ワークショップ、3D磁力線観察モデルを作ろう

 パナソニックセンター東京は2014年1月11日・12日の両日、小学3年生以上を対象としたワークショップ「3D磁力線観察実験」を開催する。3D磁力線観察モデルを工作し、磁力線を立体的に観察する内容となっている。

教育・受験 学習
3D磁力線観察実験
  • 3D磁力線観察実験
  • パナソニックセンター東京
 パナソニックセンター東京は2014年1月11日・12日の両日、小学3年生以上を対象としたワークショップ「3D磁力線観察実験」を開催する。3D磁力線観察モデルを工作し、磁力線を立体的に観察する内容となっている。

 磁石のまわりに砂鉄を置くと、きれいに磁力線の模様を描いて並ぶことは、平面の模様で見たことがある人も多いだろう。ところが、磁力線は3D(3次元)方向にも伸びており、今回のワークショップでは東京理科大学の川村康文先生を講師に招き3Dの磁力線を観察するためのモデルを作るという。

 ワークショップは11時と14時開始の各日2回、計4回開催される予定で、所要時間は約1時間。定員は各回100名で、Webサイトにて申込みを受付けている。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)