立正大学経済学部、日経新聞と連携しiPad miniを活用した授業を開講

 立正大学経済学部は、2014年度から日本経済新聞社と連携した授業「日経電子版×iPad mini で経済を学ぶ!」を開講する。講義と現在の経済の流れをリンクさせることで、生きた経済とその学び方を知ることができるという。

教育ICT 学校・塾・予備校
日経電子版×iPad mini で経済を学ぶ!
  • 日経電子版×iPad mini で経済を学ぶ!
  • 立正大学経済学部(Webサイト)
 立正大学経済学部は、2014年度から日本経済新聞社と連携した授業「日経電子版×iPad mini で経済を学ぶ!」を開講する。講義と現在の経済の流れをリンクさせることで、生きた経済とその学び方を知ることができるという。

 学部では、100台のiPad miniを用意し、全学年を対象に前期100名、後期100名、計200名に貸与する。講義では学生がiPad miniを使い、日経電子版を読む。その後、学部専任教員がマクロ経済や財政、金融、産業、人口・雇用、国際経済、時事英語について講義。続いて、それが現実のニュースではどのように現れているのかを日本経済新聞社の記者等が新聞記事を用いて解説するという。

 経済学部教授陣と、現場で取材する日経新聞記者等が交互に講義を行うオムニバス授業とすることで、生きた経済とその学び方を知ることができるほか、iPad miniを使って新聞を読む習慣を身につけることで、大学の学びだけでなく就職活動にも活用できるとしている。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)