厚労省推薦の本49点の展示会、国際子ども図書館で1/28から

趣味・娯楽 その他

子どもを健やかに育てる本2013
  • 子どもを健やかに育てる本2013
  • 国立国会図書館国際子ども図書館
 厚生労働省は1月28日(火)から2月23日(日)の期間、展示会「子どもを健やかに育てる本2013ー厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財(出版物)」を開催する。会場は国立国会図書館国際子ども図書館で、入場無料。

 児童福祉文化財は、幼児から高校生向けに、また保育士など、子どもに関わる人が保育や指導を行う上で参考となるよう、厚生労働省社会保障審議会が優秀作品を推薦する制度。毎年、出版物、舞台芸術、映画・メディアなどの3分野から選ばれる。このうち、出版物については「子どもたちに読んでほしい本」として、広報啓発ポスターを作成するなど普及に努めている。

 展示会には、2012年4月から2013年3月の期間に推薦された絵本や図書全49点を集め、実際に手に取って読むことができる。物語からノンフィクションまで幅広い分野の本を展示しており、子どもの成長段階にあった本に出会える。来場者には、推薦作品の中でも特に優れた児童福祉文化賞の一覧表も配布されるという。

 1月15日(水)には、2013年度の推薦作品一覧も同省のホームページに掲載された。同省ホームページ「分野別の政策」の“子ども・子育て”→“子ども・子育て支援”→“子育て支援”→“児童福祉文化財”から閲覧できる。

◆子どもを健やかに育てる本2013ー厚生労働省社会保障審議会推薦
児童福祉文化財(出版物)
展示期間:1月28日(火)~2月23日(日)9:30~17:00
会場:国立国会図書館国際子ども図書館(東京都台東区上野)
入場料:無料
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)