神奈川 辻堂小、教諭が個人情報を含む私物USBメモリを紛失

教育ICT 学校・塾・予備校

藤沢市による発表
  • 藤沢市による発表
神奈川県藤沢市は1月8日、同市立辻堂小学校において個人情報が記録されたUSBメモリの紛失が判明したと発表した。これは小学校の女性教諭(36歳)が、2013年12月24日に学校において私物のUSBメモリを使用し、その後冬期休業中にUSBメモリのデータを整理するために自宅に持ち帰る予定であったが、12月26日に紛失に気づいたというもの。12月30日から1月1日にかけて、当該教諭は校長に連絡するとともに自宅および校長、教頭の協力を得て学校内を捜索したが、発見には至らなかった。

紛失したUSBメモリには、当該教諭担当学級の通知票所見の下書き(パスワードによる保護有:33名分)、当該教諭担当学級住所録(児童氏名、保護者名、住所、電話番号:パスワードによる保護有:33名分)、当該教諭担当学級の行事等のスナップ写真、当該教諭担当学級の学習用として作成した教材プリント、当該教諭担当学級の学級通信4月~12月分計34枚のデータが記録されていた。

小学校教諭が個人情報を含むデータを記録した私物USBメモリを紛失(神奈川県藤沢市)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)