子どもに期待する学歴は「大卒」73%

教育・受験 学校・塾・予備校

期待する学歴
  • 期待する学歴
  • 入ってほしい中学校
  • 入ってほしい高校
  • 入ってほしい大学
 親の経験・年収によって、子どもに求める学歴は変化し、ほとんどの親は自分の子どもに自分と同等またはそれより少し上の学歴を期待していることが、クロス・マーケティングが1月27日に発表した「子どもの教育・進学に関する調査」結果より明らかになった。

 同調査は、関東1都3県に居住する30~59歳の男女で、長子が小学校・中学校に在学している方を対象に、子どもの教育・進学に関する調査を実施し、895件の有効回答を得た。調査期間は、2013年12月26日(木)~2014年1月7日(火)。

 自分の子どもに期待する学歴は、もっとも多いのが「大学卒」72.8%、次いで「高校・専門学校卒」12.2%、「修士課程修了」6.4%が続いた。大卒を期待する親が他と比べて圧倒的に多い。

 子どもの性別にみると、男児・女児とも大卒を期待する親が7割を超えてもっとも多い。その他の学歴では、男児には修士修了以上を期待する親が比較的多く、女児には短大卒以下を期待する親が多い。若干ではあるが、子どもに期待する学歴には男女間に差がみられた。一方、親の学歴別にみると、親が大卒以上だと、子どもに大卒以上を期待する親が9割以上となった。また、世帯年収別にみると、年収が高いほうが高学歴志向にある。

 自分の子どもに入って欲しい中学校は、もっとも多いのが「公立中学校」67.8%、次いで「中高一貫(大学は別)の私立中学校」11.6%、「国立大学の付属中学校」7.3%が続いた。学歴が高く、収入が高い場合、また一人っ子のほうが私立・国立や中高一貫に行かせたい親が多い。

 自分の子どもに入って欲しい高校は、もっとも多いのが「普通高校」56.7%、次いで「進学率が高い高校」30.9%、「国際性のある高校」21.7%が続いた。親が高学歴・高収入だと、子どもには進学率が高い高校に行かせたい親が多い。また、親の学歴が高校・専門学校卒以下の場合、専門性のある高校に行かせたい親が多くみられた。

 自分の子どもに入ってほしい大学は、もっとも多いのが「自分の好きなことができる大学」60.4%、次いで「いろいろなことが経験できる大学」46.1%、「国公立大学」28.5%が続いた。学歴が高く、収入が高く、海外経験がある親は、なるべく高いレベルの大学に入ってほしい傾向がみられた。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)