理系男子・文系女子の好みが小学生のうちから表面化

教育・受験 学校・塾・予備校

好きな科目の割合(全体、学年別、%)
  • 好きな科目の割合(全体、学年別、%)
  • 「好きな科目」トップ5(男子全体)
  • 「好きな科目」トップ5(女子全体)
  • 嫌いな科目の割合(全体、学年別、%)
  • 「嫌いな科目」トップ5(女子全体)
  • 希望する進学段階(全体、学年別、%)
  • 希望する進学段階(男子全体、学年別、%)
  • 希望する進学段階(男子全体、学年別、%)
 学研教育総合研究所が2月17日に発表した小学生白書Web版「小学生の日常生活に関する調査」によると、好きな科目・嫌いな科目とも第1位は「算数」であることがわかった。

 調査はマクロミルを通じインターネットで行われ、保護者付き添いのもと小学生本人が回答した。各学年ごとに男子約100人、女子約100人の計1,200名の回答が集まった時点で調査を終了した。

 好きな科目第1位は「算数」で22.1%、次いで「体育」21.0%、「図画工作」16.7%となった。男女別にみると、男子第1位は「算数」29.1%と3割近い児童が好きな科目と回答。次いで「体育」26.4%、「図画工作」14.6%と全体と同じ順位となっているが、女子は第1位「図画工作」18.8%、次いで「国語」18.6%、「体育」15.5%となり、全体では第4位だった「国語」が1位に迫る勢い。算数については第4位で男子とは14.1ポイントの差となっている。

 嫌いな科目第1位は「算数」で22.9%、次いで「なし」19.0%、「国語」18.1%と続く。男女別では男子第1位は「国語」25.1%と全体の4分の1を占めており、「なし」20.9%、「算数」13.9%となっている。また、女子第1位は「算数」31.9%と3割を超え、続く「なし」17.2%、「体育」14.1%に大きく差をつけており、男子は「理系」女子は「文系」が得意という結果となった。

 さらに希望する最終学歴を聞くと全体では「大学」50.7%、「わからない」29.9%、「高校」9.9%の順で回答を占めており、小学生のうちから半数以上が大学進学を希望している。

 男女別では男子「大学」57.6%、「わからない」27.3%、「高校」9.4%の順となり、女子「大学」43.9%、「わからない」32.5%、「高校」10.4%と比べ、大学への進学希望が高い傾向が見られる。そのうえ、女子は男子に比べ「専門学校」「短期大学」への進学希望が目立ち、男女の希望の差を見ることができた。
《田邊良恵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)